リビドーロゼの正しい使い方!後悔しないために購入前に知るべき事!

リビドーロゼの正しい使い方

ベッド用の香水として人気のリビドーロゼですが、香水の性質上、正しい使い方で使用することが大切です。

 

使い方を間違えると、効果が無いだけでなく、場合によっては逆効果になってしまうこともあるのです。

 

また、使い方次第で効果を何倍にもアップさせることもできます。

 

ここでは、リビドーロゼの基本的な使い方から、効果を上げるための工夫について解説していきたいと思います。

基本的な使用方法

 

まずは、公式サイトで推奨している基本的な使用方法からです。

  • リビドーロゼはあまり持続時間の長い香水ではないので、デートやベッドインの直前に付けるようにします。
  • 使用量としては1〜2プッシュということですが、私個人としては1プッシュで十分だと思います。
  • 付ける場所としては胸元あたりと内ももあたりが効果的です。

より効果をアップさせるための工夫とは

 

リビドーロゼの効果をよりアップするために、皆さん色々と工夫をして使っています。

 

多くの口コミから、効果的な使い方をピックアップしましたので、参考にしてみて下さい。

 

デートやベッドイン時と、普段使いで使い分ける

リビドーロゼはベッド専用の香水となっていますが、ベッドタイムだけで使用するにはもったいないと思います。

 

普段使いでも積極的に使用していきたいものです。

 

ただ、ベッドで使用する時と、普段使いではつける所を変えてみましょう。

 

普段使いの時は、普通の香水をつける時のように首筋や手首などにつけるようにします。

 

そうすることで、男性に好印象を与えることができます。

 

ベッドタイムであれば、公式サイトでも言っているように太ももや胸の谷間といったセクシーな部位につけることによって、愛撫の際に彼の興奮が高まります。

 

普段使いやデートの時用にアトマイザーを使用する

リビドーロゼはベッドタイムに合わせて香りをコントロールする香水なので、香りが長時間はもちません。

 

そのため、普段使いや、長時間のデートでは、香りが弱まってきてしまいます。

 

かといってリビドーロゼのボトルを持ち歩くのも大変ですよね。

 

そんな時に重宝するのがアトマイザーです。

 

リビドーロゼを普段用にアトマイザーに入れておけば、持ち運びも楽ですし、香りが弱くなってきたと感じたら、トイレなどで簡単に1プッシュできてしまいます。

 

100均などで売っているものでも、十分使えますし、オススメです。

 

マニュアルにとらわれず、色々と試してみる

つけるタイミングはデートやベッドタイムの直前が良い。

 

そして、普段は首筋や手首につけるが、ベッドタイムには胸元や太もも内側につけるのが良いといった基準がありますが、できる方はそんな事にはとらわれずに色々と試してみるのも楽しいと思います。

 

毎回つけるところを変えてみる。

 

毎回つけるタイミングを変えてみる。

 

そして、どこにつけたら彼の興奮がより高まるのか、どのタイミングでつけたら一番良いタイミングで香りが変化していくのかなどを見ていきます。

 

もしかしたら、マニュアルには無い、あなたと彼だけの最適な使い方が見つかるかもしれません。

 

こすらない

香水を付けた後で、より滲み込ませようとしてこすりつける人がいます。

 

リビドーロゼには香り成分だけでなく、フェロモンが配合されています。

 

フェロモンはこすりつけてしまうと効果が薄くなってしまうものです。

 

こするのではなく、軽くトントンと押さえるくらいにしましょう。

 

ベッドに吹きかけてみる

香水を自分の体に吹きかけるのではなく、ファブリックミスととしえてベッドやシーツに吹きかけてみるというのも効果的です。

 

また、部屋に数プッシュして、部屋自体をほんのりと香らせるのも良いでしょう。

 

香水だから体に使うものという固定観念を捨てて、色々な場所で使ってみると、意外な効果を発揮することがあります。

 

あなた自身の魅力も大切

男性が女性を魅力的に感じるところは、素敵な笑顔だったり、思いやりの気持ちだったりします。

 

リビドーロゼの香りは彼の嗅覚を刺激し、本能に働きかける素晴らしいものですが、その香りを最大限活かすためには、まずあなた自身の魅力が何よりも大切です。

 

香りに100%頼るのではなく、まずは彼の心を優しく包んであげて下さい。

 

そんなあなたがリビドーロゼの香りを纏うからこそ、彼は心も体も反応してくれるのです。 

 

 

⇒リビドーロゼの公式サイトはコチラへ!!

 

リビドーロゼはつけすぎるとどうなるの?

何としても彼の心をつかみたいと思って、リビドーロゼをつけすぎてしまうと、香水の匂いが強すぎて逆効果になることがあります。

 

女性同士でも、香水の匂いがきつい人は嫌がられたりすることがあると思います。

 

男性も香水の強い香りを嫌う人は多いです。

 

口コミを見ても、リビドーロゼを必要以上につけて行ったら、彼に嫌な顔をされて、あまり近づいてくれなかったというケースもあります。

 

リビドーロゼはワンプッシュだけで十分効果を発揮することができるので、つけすぎには注意しましょう。

 

長持ちさせる保管方法とは?

リビドーロゼに限らず、基本的に香水の香りというのは少しずつ飛んでしまいます。

 

そのため、香水を長持ちさせたければ、できるだけ香りを飛ばさないよう注意する必要があるのです。

 

まず、基本的なこととしては、使用した後には、しっかりと蓋をすることです。

 

蓋を開けっ放しにしていたり、隙間が空いていたりすると、そこから香りが飛んでいってしまいます。

 

次に香水を置いておく場所ですが、直射日光が当たるところは絶対に避けて下さい

 

また、直射日光は当たらなくても、高温になる場所に置くのはやめましょう

 

香水は温度が上がると、どんどん香りが飛んで行ってしまいます。

 

場合によっては香りの変化によって、リビドーロゼが本来持っている力を発揮できなくなることもあります。

 

リビドーロゼのボトルは可愛らしいので、お洒落に日の当たる窓辺などに置いておきたくなりますが、香水の性質上やめておきましょう。 

リビドーロゼの使用期限はどのくらい?

リビドーロゼの使用期限は、保管方法によっても変わってきますが、直射日光を避け、高温にならないところで、きちんと蓋をして管理していれば、開封から約半年間はもちます。

 

ただ、どんなに気を付けていても、香水というものは、開封してしまうと、少しずつ香りが飛んでいってしまいます。

 

ベッドタイムだけでなく、何かの記念日やムードの良い場所でのデートなど、特別な日には積極的に使用していくと良いでしょう。

 

いつも以上に魅力的に映るあなたに、彼の愛情もますます深いものになっていくことでしょう。

リビドーロゼ使い方まとめ

つけ方について
  • つけるタイミングは、ベッドインやデートの直前に
  • つけるところは、ベッドイン時は胸元や太ももの内側に、普段使いの時は、手首や首筋に
  • 使用量は、1プッシュでOK
使い方の工夫や注意点について
  • 持ち歩きにはアトマイザーを活用する
  • つける時間や、つけるところなど、色々と試してみて自分たちにピッタリのところを探してみる
  • こすりつけず、トントンと叩き込む程度にする
  • ベッドやシーツ、または、部屋に吹きかけてみる
  • 笑顔や思いやりを持って彼に接する
  • つけすぎは嫌がられることもあるので注意
保管方法と使用期限について
  • 直射日光のあたるところは避け、高温にならないところに保管する。
  • 使ったら、ボトルの蓋はしっかりしめておくこと
  • きちんと保管していれば、使用期限は約半年は使用できます
  • だんだん香りは飛んでしまうので、ベッドタイムだけでなく、色々な場面で積極的に使っていく

リビドーロゼは上手に使えば、あなたの魅力を最大限引き出してくれます。

 

購入前に、正しい使い方をしっかりと確認し、効果的に使用できるようにしておきましょう。

 

⇒リビドーロゼの公式サイトはコチラへ!!

 

 

こんな記事も読まれています

トップページ リビドーロゼの口コミを検証してわかった驚くべき効果の真相とは!?
リビドーロゼの全成分を徹底解説!そこには驚きのフェロモン効果が!
リビドーロゼってどんな意味?香水を知るには名前の由来から!

page top